結婚式の意味を考えてみる

新しい人生の門出の一つであり、大きなスタートでもあるの結婚式です。

家族や友人達に、囲まれて祝福のシャワーを浴びる人生で最も輝くのが結婚式になります。女性から、見ると子供のころからの憧れの花嫁姿になり、また普段では着る事ができない豪華なドレス姿にもなれます。

結婚式の何ヶ月も前から、この日のために顔だけでなく全身を磨き美しくしてきた結果を見せる場所でもあります。


確かに、結婚式は新郎新婦が主役ですがその晴れ姿を誰よりも見たいのが家族です。

特に、両親の心情は言葉では言い表せないほどの思いがあります。

二次会の景品の情報をお知らせします。

美しい新郎新婦を、見つめながら心はその向こうに見えている幼いころの思い出です。


特に新婦の両親は、この間まで子供だと思っていたのに今は大人の女性になり離れていく寂しさがあります。そんな姿を家族達に、見せることも親孝行になっています。

いつか、自分達もまた家族を作りこの日両親の気持ちがわかる時がきます。


結婚式に、感動して涙が流れるシーンは必ず、親から子供への愛情が溢れているからです。



お祝いしたい気持ちと、離れていく気持ちそして、子供が成長したと改めて実感できるからです。


親子とは、血の繋がりだけでなく大きな愛でも繋がっています。



いくら切ろうとしても、断ち切れないのが親から子供への愛情です。

そんな愛情に、答えるには新郎新婦が今以上に幸せになることが恩返しになります。

晴れやかな青空に、負けないくらいの祝福を受けて人生のスタート台に二人で立つのがこの日です。